事業・製品紹介

鋳造部門

鋳造製品
  • 建設機械用鋳物部品
  • 工作機械用鋳物部品
  • エレベータ用鋳物部品
  • 船舶用鋳物部品など
取扱材質
  • 片状黒鉛鋳鉄(普通鋳鉄) FC200~FC350
  • 球状黒鉛鋳鉄(ダクタイル鋳鉄) FCD400~FCD700
  • 高クローム鋳鉄 HiCr 15~27%含有
  • アリロン(耐酸高珪素鋳鉄) Si 14~16%含有
    →詳細
設備紹介

→詳細

鋳造部門の実績はこちら

製缶部門

製缶部門の実績はこちら
製缶製品
  • 柱上変圧器ケース
  • ガイドレール
  • 建機部品
  • 製缶製品一般
  • プレジャーポート用船台など
取扱鋼材
  • スチール板
  • 酸洗鋼板
  • ステンレス板
  • その他一般鋼材
設備紹介

→詳細

機械加工部門

取扱機械
  • 門形マシニングセンタ
  • プラノミラー
  • ラジアルボール盤
  • 汎用旋盤

機械加工部門の実績はこちら

アリロン事業部

アリロン事業部の実績はこちら
アリロンとは

アリロン(ARIRON)とは、14%以上の珪素を含む鉄系合金鋳鉄で、広範囲な適応性と長期間の耐食性を有する優れた耐酸材料として、化学工業方面で広く使用されるようになり今日の化学工業の進歩、発展に大きく貢献してきました。その名前は、「Acid-Resistant IRON」に由来した登録商標であり、日本での耐酸高珪素鋳鉄製品の代名詞に用いられています。

アリロンの特徴

1 ) アリロンは弗酸、高温濃塩酸および高温アルカリ以外の多くの無機酸、有機酸および各種塩類溶液に非常によく耐え、加熱・高温状態にあっても安定した耐酸性を示します。特に硫酸に対してはあらゆる濃度、温度に対して耐酸性を発揮します。

2 ) 硬度が高く、耐磨耗性に優れているので、スラリー成分を含んだ薬液での耐侵食性が良好です。

3 ) ステンレス鋼などに見られるような孔食、粒間腐食、割れなどの局部腐食を受けることがないので、非常に安定した耐酸材料として使用できます。

アリロン製品に対する使用上の注意

1 ) アリロンは、その組織がフェライトと微細な黒鉛から成っているため、加熱しても酸化や成長が少なく、高温でも充分使用できます。しかし、熱膨張係数が大きく、熱伝導度や引張強度が小さいため、急熱急冷を行うと亀裂が発生するおそれがあります。

2 ) 圧縮に極めて強く、静的圧縮荷重を受ける場合には安全ですが、機械的衝撃、引張荷重、曲げ荷重には弱いため、作業中の不注意な槌打ちや片締めなどが原因で破損を生じることがあります。

千年の匠の技を、最新テクノロジーで伝承。

鋳物製造は、かつては熟練職人の技術による作業が大きな役割を果たしていました。
しかし、それら熟練の技は、短時間では伝えることができず、人材の育成や時間・コストがかかることが重要な課題でした。
井製作所は、こうした課題を最新のテクノロジーで解決しました。
多品種少量生産に特化し、片状黒鉛鋳鉄(FC)や球状黒鉛鋳鉄(FCD)だけでなく、14%以上の珪素を含む耐酸高珪素鋳鉄「アリロン」の、国内独占製造メーカーとなっています。
また工場では、自社で鋳造した製品を機械加工まで行なうなど、NC制御の新鋭機器も積極的に導入し、機能性重視の工場レイアウトや鋳物工場のイメージを払拭するような生産現場の環境整備も行っています。

ITによる品質向上、作業の効率化を実現します。

当社は鋳物の製造工程において、3次元CAD・CAM、そしてCAEによる湯流れ・凝固シミュレーションを導入しています。
CAE(Computer Aided Engineering)とは、製品の試作や設計の検討を支援するコンピュータシステムのことで、鋳物を作るための溶湯が鋳型内で流動、充填、冷却、凝固していく過程をコンピュータ上でシミュレーションすることができます。
CAEを活用することによって新しい製品の試作回数の低減をはかることができ、結果コストや不良率の低下を実現させ、より信頼性の高いものづくりができるシステムを作り上げています。

より高く、未来へ羽ばたくために。

私たち井製作所は、様々な活動においてより高い目標を掲げ、豊かな未来へ向かって、常に挑戦を続けて参ります。

環境経営方針について